特色教育 特色教育

たくましい心と体を育むために
幼児ひとり一人の成長に応じた働きかけを行い、体力づくりをはかることは、活動的・積極的 な社会生活を送ることのできる望ましいからだを形成するために欠かせません。
 「望ましいからだ」とは、運動を行う際に必要な3つの要素 1.大きな力を出せること(力強さ)、2.スタミナがあること(粘り強さ)、 3.身のこなしが巧みであること(動作の習熟) を充分に発達させたからだです。
体育あそびを毎月2回
体育あそびを毎月2回
年中・年長は体育講師、新体操講師と担任が指導、年少は担任が指導しています。
プールあそびとスイミング
6・7月は園庭にプールを設置。
年中・年長は年間を通してスイミングのプールに通い、段階に応じた コーチの指導を受けます。
英語であそぼう
どうはく幼稚園では、年長になると特別講師と一緒に英語で歌ったり・遊んだりしながら楽しさを味わっていきます。
幼児期から英語に親しむことで、子どもの世界が広がっていくことを願っています。
英語遊び
豊かな体験で伸びる子供たち
身近な生きものや植物に積極的にかかわり、発見し、驚き、感動する体験を 重ねる中で、思いやりのある優しい心が育つことを願い、豊かな環境を整えています。
収穫の喜び
種まきから始め、水やりや草抜きをし、肥料をあげる等、努力をしてぐんぐん 成長する様子を観察しました。 りっぱなとうもろこしを収穫した時には大きな 歓声をあげました。他にも、さつま芋や、夏みかん、柿などを園の畑で収穫して います。
 自然の中での実体験は、子どもの心も大らかにたくましく育てます。
収穫のよろこび
絵本の読み聞かせ
絵本や紙芝居が大好きな子どもたち。その眼差しは真剣そのもの。
教師と子どもたちが一体となって楽しむひとときです。たくさんの お話に親しみながら情緒が豊かに育つことを願い、毎日大切に位置づけています。
絵本の読み聞かせ
乳牛見学
牧場で乳牛を見学し、しぼりたての牛乳をいただきました。えさをあげたり、 さわったり体験したことを絵に表現します。
どうはく幼稚園ではスクールバスを活用して、季節に応じた園外保育を意欲 的に取り入れています。
園外保育
Home > 特色教育